約25cmの特大ソーセージを挟んだ「スーパーホットドッグ」になぎら健壱が驚愕

ぐるなび / 2014年5月20日 18時10分

5月17日放送の「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系、毎週土曜午前9時25分)で、「ぶ・ら・り 初夏の東京ぐるっと味巡り 大江戸線の旅」と題し、タレントのなぎら健壱さんが「スーパーホットドッグ 港区芝5丁目店」(東京都港区)を訪れた。

 様々な種類のビールを取り揃えている同店を見つけたなぎらさんは、ベルギー地ビール「白ビール(650円 税込み)」と「ベルジャンエール(650円 税込み)」、そしてお店の看板メニュー「スーパーホットドッグ(999円 税込み)」を注文。まずは、コリアンダーやオレンジの皮が入った「白ビール」を一口飲むと、「日本のビールよりも口あたりは柔らかいけど、ちょっと苦みが違う」とその味を評した。

 出来上がった「スーパーホットドッグ」を見て、その大きさに驚くなぎらさん。特性パンに挟まれた自家製ソーセージの長さは、なんと約25cm。また、その大きなソーセージを覆い隠すように、アメリカ産のチェダーチーズがたっぷりと盛られているおり、ボリューム満点の一品となっている。なぎらさんが、このホットドッグを大胆にかぶりつき「ソーセージがおいしい! ものすごいスパイシー」と常陸豚を使用したジューシーな肉の味を楽しんでいた。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング