築地ならではの貴重な握りずし! 「紀之重 鮨 築地新店」の「マグロのカマキン」

ぐるなび / 2014年5月20日 18時10分

5月17日放送の「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系、毎週土曜午前9時25分)で、「ぶ・ら・り 初夏の東京ぐるっと味巡り 大江戸線の旅」と題し、タレントのなぎら健壱さんが「紀之重 鮨 築地新店」(東京都中央区)を訪れた。

 店先の「本マグロ カマキンあります」の文字に足を止め、入店したなぎらさん。店主から、「カマキン」とはカマの筋肉部分の呼び名であり、めったに出ないおいしい部位なのだと説明を受け、「なるほど!」と納得の表情を見せた。タレを塗り、あぶったカマキンを握った「マグロのカマキン」は一貫 1000円(税込み)。筋の入った赤身も、加熱することでトロトロとした口当たりになるという。またシャリも特長的で、赤酢を使うことにより茶色く染まっている。

 目の前に出された握りに、笑みを浮かべるなぎらさん。早速味わうと思わず、「うまっ」と一言。「歯応えがあって、味がある」と築地ならではの貴重な握りを堪能した。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング