青森がはぐくんだ食材をフレンチで 新感覚の現代青森料理が楽しめる「ボワ ヴェール」

ぐるなび / 2014年5月20日 18時10分

写真

Bois Vert

5月17日放送の「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系、毎週土曜午前9時25分)で、「ぶ・ら・り 初夏の東京ぐるっと味巡り 大江戸線の旅」と題し、タレントのなぎら健壱さんが現代青森料理とビオワインのお店「ボワ ヴェール」(東京都港区)を訪れた。

 青森の食材に惚れ込んだシェフの川口かずのりさんが、フレンチの手法で食材の新たな魅力を引き出した現代青森料理を提供している同店。なぎらさんは、まず「佐井村かすべのムニエル 蝦夷のよそいき」を注文。エイのヒレを意味する「かすべ」のコリコリとした食感を味わうなぎらさん。またムニエルにかかるソースは、弘前産大根の自家製たくあんと焦がしバターという異色の組み合わせで、現代青森料理店を掲げるこの店ならではのもの。

 続いて運ばれてきたのは「日高見国の『黄金』リゾット」。巨大なチーズ樽をくり抜いてお皿にしたリゾットに、「でっかいロウソクじゃないですよね?」となぎらさんは驚きの表情を見せた。食べる食前に十和田産の卵を落としこみ、混ぜ合わせる。黄金色の輝きを放つリゾットを一口食すと「濃厚なチーズ、クリーム、卵が相まって青森とヨーロッパの融合という感じでしょうか。うんまい!!」と大絶賛した。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング