東京湾でとれた新鮮な魚料理 そのおいしさに劇団ひとりが思わず言葉を失う!?

ぐるなび / 2014年5月21日 14時10分

写真

あばら大根

5月18日に放送された「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系、毎週日曜午前9時55分)で、俳優の溝端淳平さんとお笑い芸人の劇団ひとりさんが、釣った魚を持ち込むと調理してもらえるという「あばら大根」(東京都江戸川区)を訪れた。

2人が東京湾でとれた旬の魚を注文すると、まず出てきたのは天然のヒラマサと黒ソイの「刺身2点盛り」(1000円 税抜き)。同店オリジナルの昆布塩、ポン酢、しょうゆの3種類の調味料で食べるのがおすすめだという。「塩で刺身はなかなか食べない」と、昆布塩を付けた刺身を珍しそうに口に運んだ劇団ひとりさんは「コリコリしてておいしい」と絶賛した。

 次に出てきた、炭火で焼いた「鰆の西京焼き」(700円 税抜き)を食した溝端さんは、「おいしい」と満足そうにコメント。続いて「鰆ってこんなにフカフカしているんだ」と述べた劇団ひとりさんは、よほどその味が気に入ったのか、ほぐした鰆の身を無言で何度も口に運び、心ゆくまで味わっていた。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング