名店・大勝軒が監修した異色の「つけ麺バーガー」

ぐるなび / 2014年5月23日 20時10分

写真

ロッテリア 原宿竹下通りイースト店

5月21日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系、毎週月~金曜午前5時25分)では、「ココ調」のコーナーで、食べ方に迷う食べ物を特集。酒主義久アナウンサーが「ロッテリア 原宿竹下通りイースト店」(東京都渋谷区)を訪れ、6月中旬まで全国で販売される限定商品「つけ麺バーガー」を紹介、街の人に食べ方を考えてもらった。

同商品は人気つけ麺店・大勝軒が監修したもの。バンズ(パン)に挟む麺は、つけ麺店のスタイルで並(1玉、650円)、大盛(2玉、700円)、特盛(3玉、750円 いずれも税込み)から量を選べる。つけ汁は豚骨、鶏がら、魚介系スープを混ぜた濃厚な味わいで、最後に割り湯で飲むことができ、とろけるほど軟らかなチャーシューが入っている。開発担当者は食べ方について 「いろいろなスタイルで召し上がっていただきたい」と思いを語る。

つけ麺バーガーと知らずに食べた人たちは、「なんで箸があるの?」と食べ方に動揺。一部をつけ麺として食べる人、つけ汁に浸した麺をバンズに戻す人、「せっかくチャーシューがあるから」と具材をバンズに挟む人、「スープがかかったらおいしい」とつけ汁を直接かける人などそれぞれに楽しみながら食べていた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング