秘密基地のようなフランス料理店「ビストロ・ダルブル 渋谷本店」

ぐるなび / 2014年6月3日 12時10分

5月30日放送の「news every.」(日本テレビ系、毎週月~木曜午後3時50分、金曜午後4時50分)では、「狭いけれど大人気! 極セマ商売繁盛記」を特集し、リポーターの坂田陽子さんが「ビストロ・ダルブル 渋谷本店」(東京都渋谷区)を訪れた。

店内は1階のカウンターが5席、2階には約3畳のテーブル席、さらにその上に小さなロフト席があり、縦長の造りになっている。まるで隠れ家のような雰囲気を持つ同店。こちらでは、鶏レバーや豚肉を使った「田舎風パテ」(900円 税込み)などのフランス家庭料理を味わえる。なかでも一番人気はフランス南西部の豆料理「カスレ」(1300円 税込み)。白いんげん豆と羊の肉などを煮込み、鴨肉とソーセージを添えてオーブンで焼いた一品だ。同店は厨房が狭いため、料理は恵比寿にある「ビストロ・ダルブル」で仕込んで運んでいるという。

 「カスレ」を食した坂田さんは、「白いんげん豆がお肉のうまみをしっかりと吸いこんでいて、口の中でホクホクっとした食感。噛んでいるうちにトロリとしてまろやかな食感に変わってゆくんです」と満足げにコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング