珍しい「鰻の石焼ひつまぶし御膳」に川越シェフがスマイル連発!「ENGAWA」

ぐるなび / 2014年6月17日 13時10分

写真

ENGAWA

6月4日に放送された「お願い!ランキング」(テレビ朝日系、毎週月~木曜深夜0時50分)で、「抜き打ち発掘! レストラン」と題して、お笑いコンビ「ハライチ」の岩井勇気さんと澤部佑さん、シェフの川越達也さんが、ダイニングレストラン「ENGAWA」(東京都渋谷区)を訪れた。

 一行が注文したのは「鰻の石焼ひつまぶし御膳」。一般的なひつまぶしとは違い、石鍋に入れて石焼きにすることでパリパリのおこげの食感を楽しむことができる。また、十穀米を使用しているところもポイント。十穀米は白米よりも甘味が少ないため、鰻の脂から出るうまみを最大限に生かせるのだという。

 「鰻の石焼ひつまぶし御膳」を食すと、全員口を揃えて「うまい!」と満面の笑み。次にだし汁をかけて食べた川越さんは「異議なし」とその味に太鼓判を押し、さらに「鰻がおいしかった。十穀米の(食感が)もちもちプチプチしたのもよかった。たれの味付けの感じも大好きでした」と称賛。加えて、「だし汁をかけてスープ仕立てでいただくときに、おこげフレーバーがさらにワンランクアップする。石焼きにした意味が最後まで伝わる素晴らしいお膳でした」とべた褒めだった。

■話題のお店に追加取材■
「ENGAWA」は、旬の食材を使った料理が堪能できる和食ダイニング。ラウンジ席やくつろげる個室もあり、ゆったりとした空間で食事ができると評判だ。

同店の一押しメニューは、霜降りのリブロースを使った「A4霜降り黒毛和牛しゃぶしゃぶ」(2400円 税抜き)。脂がのった黒毛和牛は、濃厚でありながら、しつこくないと大好評の一品だ。また、1年を通して食べられる「生牡蠣」もおすすめ。プリプリとした食感とクリーミーな味わいが特長で、同店に並ぶ種類豊富なお酒とも相性抜群だ。

そんなおいしい料理とラグジュアリーな雰囲気を併せ持った同店は、合コンや女子会などさまざまなシーンで活用できる。さらに、おしゃれなガラス戸の席もあり、デートや記念日にもピッタリだ。いろいろなシチュエーションに対応できる同店へ、ぜひ足を運んでみては。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング