三遊亭遊里がデザート感覚で食べられる穴子の握りを堪能!!

ぐるなび / 2014年6月9日 12時10分

6月5日に放送された「L4YOU!」(テレビ東京系、毎週月~金曜午後4時)では、「秘伝公開! 寿司の名店の職人技」と題し、落語家の三遊亭遊里さんが、銀座にある「鮨 いつき」(東京都中央区)を訪れた。

 同店は、アットホームな雰囲気の中で楽しんでほしいという思いから、職人の立つ場所・つけ場と客が座るカウンター席の間に、隔たりとなるネタケースを置いていない。こだわりのネタは、最後にデザート感覚で食べられる「穴子」。東京湾で取れた新鮮な穴子を背開きにし、背骨と背びれ、腹びれを取り出し、熱湯を掛けて丁寧にヌメリを取り除く。次にしょうゆと砂糖をベースにしたタレで20分ほど煮込む。注文が入ってからオーブンで3分ほど焼き目をつけてから握りにし、特製のツメ(たれ)をつけて仕上げる。穴子を生きているうちにさばくことで、ケーキのようなふわふわの食感と後味ができるという。

 「穴子の握り」を口にした遊里さんは「最初食べた時にまとわりつく感じがするかなと思ったら次の瞬間にはほどけている。甘みが口の中にふわっと広がって、すごくおいしい」と江戸前の味わいをかみしめていた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング