販売開始から50年。自家製ミートソースが決めての「ミートロール」に佐々木健介も大満足!

ぐるなび / 2014年6月17日 13時10分

6月13日放送の「腹ペコ!なでしこグルメ旅」(テレビ東京系、毎週金曜午後6時58分)で「日本橋 人形町モダングルメ」と題し、元プロレスラーの佐々木健介さん、お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」の小杉竜一さんらが「サンドウィッチパーラーまつむら」(東京都中央区)を訪れた。

 大正10年創業の同店は、昔ながらの製法でつくり続ける老舗のパン屋さん。中でも根強い人気を誇る総菜パンは食べごたえ満点。近隣で働くサラリーマンやOLの胃袋を掴んで離さないという。一行が食したのは、1日20個ほどしか作られず売り場に出せば即完売してしまう「ミートロール」。スパゲティをほんのり甘みのあるフワフワのコッペパンに挟んだもので、ミートソースには通常のトマトソースではなく、コクが自慢の自家製デミグラスソースを使用している。

 「ミートロール」を口に運んだ小杉さんは、驚きの表情を浮かべたあと「パスタが口の中で弾けてミートソースと絡んでメチャクチャうまい」と感想を述べた。佐々木さんは「昔ながらのミートソースに歴史を感じる」とコメントすると、ペロリと5個を食べ尽くした。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング