春風亭小朝が「誰かに連れてきてもらいたい」洋食店 「ぽん多本家」

ぐるなび / 2014年6月17日 13時10分

写真

ぽん多本家

6月13日放送の「ぴったんこカン★カン」(TBS系、毎週金曜午後7時56分)で、落語家の春風亭小朝さん、アナウンサーの安住紳一郎さんが、洋食店「ぽん多本家」(東京都台東区)を訪れた。

 同店は明治時代から4代続く老舗で、日本人の舌に合う洋食メニューがたくさんそろう。安住さんは4時間半煮込んだとろとろのタンが丸ごと入った「タンシチュー」(4320円 税込み)、小朝さんはスライスしたアワビをバターとオリジナルソースで炒めた「アワビバタヤキ」(時価※4~9月限定)を注文した。

 小朝さんはアワビが旬になると必ず「アワビバタヤキ」を食べに足を運ぶという。味わった安住さんは「うーん! おいしいですよ。どうしてこんなにバターの風味が全体的にまとわりつくんでしょう」と驚きの表情を浮かべ、小朝さんも「この(アワビの)大きさと薄さも絶妙でしょ」と語り掛けた。ソースをご飯にかけて食べた安住さんは「結局私もご飯にバター溶かしてしょうゆをかけるの一番好きなんですよ」とコメント。

 続けて箸で切れるほどタンが軟らかな「タンシチュー」を食すると「口の中に残る牛タンのまろやかな感じをもう一度舌で集めて(味わう感じ)」と語り、小朝さんは「ここね、誰かに連れてきてもらいたい店ですよね」と評した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング