辛さの中にエビの風味とうまみを堪能できる「担々麺 ほおずき」

ぐるなび / 2014年6月19日 19時10分

6月14日放送の「ぶらぶらサタデー」(フジテレビ系、毎週土曜午後0時)、「有吉くんの正直さんぽ」のコーナーで、お笑い芸人の有吉弘行さん、お笑いコンビ「サバンナ」の八木真澄さんと高橋茂雄さん、アナウンサーの生野陽子さんが担々麺専門店「担々麺 ほおずき」(東京都中野区)を訪れた。

 同店の「担々麺」のスープは、鶏の首部分をベースとして、弱火で2日間かけて作り上げられるという。そこに自家製の芝麻醤(チーマージャン)と辣油(ラーユ)を合わせている。また、麺には全粒粉を使った特注麺を使用。仕上げに煎った干しエビの粉末と桜エビをトッピングして完成だ。一行は豊富なメニューを見て悩んだ末、有吉さんは「排骨(パイコー)担々麺」、八木さんは「黒担々麺」、高橋さんは「ネギ担々麺」、生野さんは「担々麺」をそれぞれ注文した。

 まず高橋さんが「ネギ担々麺」を味わうと「めっちゃうまい!」と一言。普通・中辛・大辛・特辛の中から大辛を選んだ八木さんは「まだ全然いけますね」と余裕な表情を見せた。続く有吉さんは「麺がうまい」とコメント。生野さんは「エビの独特な香りがする」とその風味を堪能するなど、全員大満足の様子だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング