石塚英彦も驚き! イタリアンな創作うどんの味わいに、思わず「まいう~」

ぐるなび / 2014年6月24日 18時10分

写真

Tokyo食堂 こころ家

6月21日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、毎週土曜午後0時)で「石塚英彦の通りの達人(小岩編)」と題し、タレントの石塚英彦さんが「Tokyo食堂 こころ家」(東京都江戸川区)を訪れた。

 うどんを使った創作イタリアンが人気の同店。数あるメニューの中で一番人気は、「いくらとサーモンのクリームソースうどん」。北海道産のいくらとサーモンをたっぷり使っていて、コシのあるうどんとクリーミーなソースに、いくらとサーモンの旨味が合わさった独特の味わいが楽しめる。

 全体を混ぜ合わせたあと、うどんを口に運んだ石塚さん。「こんな“まいう”なうどんは、食べたことないデンテ」とダジャレで笑わせたあと、「いい食感ですね。ちょっとした塩分はいくらですね」とその味わいを表現。続いて「ワンツー攻撃」と称し、うどんとサーモンを右手と左手で口に運び、「まいうー」を満面の笑みで連発した。ランチでは、サラダ・スープが食べ放題、ドリンク飲み放題と聞いて驚いた石塚さんだったが、ディナーでは「生ハム」も食べ放題と知り、「そんなの聞いたことない。夜来ればよかったんじゃないの?」と悔しがった。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング