ピリ辛つけ汁が後を引く! 「広島流つけ麺」を味わえるお店「とんがらし 池袋店」

ぐるなび / 2014年6月26日 20時10分

6月24日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜日午後4時53分)、「新・東京見聞録」のコーナーでは、「女将の激セマ店」と題して、リポーターのアナスタシアさんとアンドリューさんが池袋にある「とんがらし 池袋店」(東京都豊島区)を訪れた。

 同店は、広さ6坪、カウンター8席のみという大人気のつけ麺店。看板メニューは「広島流つけ麺」。トウガラシが効いたピリ辛つけ汁が特長で、冷たい麺に茹でた野菜がトッピングされた広島のローカルフードだ。同店は、夜は小料理店として営業。不定期販売の「キムチ焼きそば」は、「広島流つけ麺」のピリ辛つけ汁を使ったオリジナル焼きそば。女将さんの気まぐれで作るため滅多に食べられない一品で、ビールによく合うそう。

 「広島流つけ麺」を食べたアナスタシアさんは「普通喉にくる辛さじゃないですか。でも、これ違うんですよ。さっぱりとした辛さだから女性でも食べやすい」とコメント。また、「キムチ焼きそば」を食べたアンドリューさんは「味はおいしいけど結構辛い。これを食べてからお酒だね」と語っていた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング