巨大なオマール海老をまるごと一匹使った、大迫力の海老フライ「エビ殻荘 神楽坂店」

ぐるなび / 2014年7月15日 17時10分

写真

エビ殻荘 神楽坂店

7月6日放送の「砂羽と可奈子があの街の美味しいギャップ大発見!だけど食堂」(テレビ朝日系、毎週日曜午前9時30分)では「七夕神楽坂SP」と題し、リッチな絶品グルメを特集。女優の鈴木砂羽さん、お笑い芸人の柳原可奈子さん、お笑いコンビ「オードリー」の春日俊彰さんが、「エビ殻荘 神楽坂店」(東京都新宿区)を訪れた。

同店は、2014年3月にオープンしたばかりのエビ料理専門店。中でも、活きオマール海老を使った料理が自慢だ。一行がテーブルで待っていると運ばれてきたのは「男の浪漫。 丸ごとオマール海老フライ」(3218円 税込み)。オーダーを受けてから活きオマール海老を捌いて蒸し、まるごと一匹をフライにした大迫力で贅沢な一品だ。

「男の浪漫。 丸ごとオマール海老フライ」を食した春日さんは「海老の味が強いというか、濃いというかね、普通の海老フライとは違いますよ。力強い!」とオマール海老の濃厚な味わいを評した。続く鈴木さんも「海老の味が濃い! おっきいから大味かと思ったら、全然違うね。」と絶賛。さらに柳原さんも「海老の味がタルタルに勝ってるぐらいの濃厚さだもんね!」と全員がそのおいしさを存分に堪能していた。

■話題のお店に追加取材■
神楽坂の本多横丁沿いにある「エビ殻荘 神楽坂店」は、「お客様が普段食べているエビのほかにも、エビにはもっと様々な種類が存在することを知っていただき、そしてその特長を楽しみながら食べ比べていただきたい」という思いからオープンしたエビ料理専門店。クルマエビやアカエビ、サクラエビにボタンエビなどいろいろな種類のエビが堪能できる。

高級店が並ぶ神楽坂に場所を決めたのは、「この土地は、お客様が価値を知って食事をされる食通の街だからこそ受け入れられる」という自信があったからだと店長の露木さんは語る。「例えば、エビの生息環境を再現したボックスの中で空輸され、ストレスがない活きのいいオマールエビを新鮮なまま、炭火や蒸し、炒め、焼き、揚げなどさまざまな調理方法でお召し上がりいただけるんです」と例をひとつ挙げ、自信の理由を教えてくれた。

ちょっとしたサプライズで来店客に楽しみながら食事をしてもらうことが同店のコンセプト。いけすのオマールエビは調理前に宝箱にいれて出すなど、見せ方の仕掛けがエビ料理をいっそう引き立てる。「当店ならではの工夫やアイデアによって、お客様同士の会話が増えるといいなと思っています」と露木さん。こだわりの素材やその素材にあった調理方法でうまれた絶品のエビ料理をぜひご賞味あれ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング