燃え盛る炎から生まれるまろやかさ! 目でも舌でも楽しめる「焦がし醤油ラーメン」

ぐるなび / 2014年7月16日 17時10分

写真

麺家 うえだ

7月14日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後4時53分)で、「おばあちゃん食堂 第8弾」と題して、志木駅から徒歩8分の場所にあるラーメン店「麺家 うえだ」(埼玉県新座市)が紹介された。

 味はもちろん、店主・上田みさえさんの気合溢れる調理スタイルも人気の1つとなっている同店。中でも「焦がし醤油ラーメン」(750円 税込み)は一番人気のメニューだ。醤油ダレにスープを入れるとバーナーの炎でスープを一気にあぶるという個性的な調理法を用いた一品。炎が燃え盛る豪快な調理風景は来店客にも大人気だという。仕上がったスープに麺を入れ、具をのせれば完成だ。7月15日からの夏季1日15食限定「冷やし鯛骨ラーメン」(980円 税込み)もおすすめだ。うま味たっぷりの鯛骨ダシスープにエビワンタンをトッピング、残ったスープにご飯を入れてお茶漬け風にも楽しめる二度おいしいメニューだ。

 「焦がし醤油ラーメン」を食した来店客は、「脂をあぶることによってまろやかになるので、口当たりがいい」「おいしい!神奈川県から来たかいがあります!」などとコメントし、その味も好評だ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング