これぞ洋食屋さん! レトロな店内で味わう肉汁たっぷりの「ハンバーグ」

ぐるなび / 2014年7月28日 18時10分

7月25日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜日午後4時53分)、「金曜企画」コーナーで「絶品の路地裏グルメ(2)」と題し、「洋食屋さん ローズガーデン」(東京都中野区)をレポーターの平松千花さんが訪れた。

 同店は、中野駅北口から徒歩2分、昭和33年創業のレトロな雰囲気が魅力の洋食店。店主の野口さんと娘の亜友美さんが切り盛りするお店は、長年の常連客から愛され続けてきた。人気のランチメニューは醤油だれが絶品の「しょうが焼き」(700円 税込み※ご飯、スープ、サラダ付き)や2種類のトマトソースを使った「ナポリタン」(850円 税込み※コーヒーor紅茶、サラダ付き)。中でも一番人気は、肉汁たっぷりの「ハンバーグ」(850円 税込み※目玉焼き、サラダ、ポテトサラダ、ご飯、スープ付き)だ。

 平松さんは、ハンバーグを食し「お肉の旨味がすごいですね。ふんわりして口の中でホロホロとすぐに崩れちゃいますね」と昭和から続く伝統の味に大満足した様子だった。

※ 当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング