栄養分たっぷりのスープにとろける豚の旨みが絶妙! シンガポール伝統の健康食

ぐるなび / 2014年7月31日 10時10分

7月26日放送の「王様のブランチ」(TBS系、毎週土曜午前9時30分)で、「夏を乗り切るスタミナグルメ特集」と題し、リポーターの福井仁美さん、寺田ちひろさんが「シンガポール コピティアム」(東京都中央区)を訪れた。

 2013年7月にオープンした同店は、シンガポールの伝統的なレシピを忠実に再現しているというシンガポール料理の専門店。二人が食したのは「パクテーライスセット」(1000円 税込み)。八角、丁子、桂枝など16種類のハーブと約2kgのニンニクを2時間じっくり煮込みエキスを抽出。漢方とニンニクを取り出したあと、豚のスペアリブを入れさらに3時間煮込む。ハーブとニンニクを取り出すことで、特有の臭いが消え、栄養分だけが凝縮されたスープに仕上がるのだという。

 まずスープを味見した二人。寺田さんが目を見開き「ピリ辛!」と言うと、福井さんは「あ、ほんとだ。クセがなくて飲みやすいですね。おいしい~」とコメントした。続いて、唐辛子入りの醤油を付けてスペアリブを口に運んだ二人は「やわらかーい!」「ホロホロって溶けますね」「しかもお肉の脂が甘い」と興奮気味に語り、シンガポール伝統の味が気に入った様子だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング