店のドアが分からない!? 厳選素材のイタリア風懐石料理を堪能できる店!

ぐるなび / 2014年8月1日 13時10分

7月28日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後4時53分)で、「たどり着けない迷い店 第8弾」と題して、「Ristorante MORITA DaBabbo(リストランテモリタダバッボ)」(東京都渋谷区)が紹介された。

初めて訪れるお客さんの2組に1組が迷ってしまうという同店。その理由は、エレベーターを降りた先にある4つのドアだ。看板が無いため、どれが店内へと続くドアかは分からないのだ。しかし見事正解のドアを開けたなら、手の込んだイタリア風懐石料理が待っている。「沖縄産ロイヤルポーク 肩ロース肉の備長炭炭火焼き」は、ミディアムに焼き上げられた軟らかい一口サイズ。「トロトロになるまで煮込んだランプレドットの煮込み、サルサヴェルデ掛け」は、国産牛のモツを6時間かけて煮込んだ一品。は、これらのほか「石川産 赤西貝のオーブン焼き」など全28種類のイタリア料理が、コース「OMAKASE」(6458円~ 税込み※サービス料別)で味わえる。

分かりにくい場所に開店した理由について、シェフの森田さんは「お店に来るまでにドキドキしてほしいということと、最高の料理でおもてなししたいというところから」と語った。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング