魚嫌いも忘れるほどのおいしさ!? 「海の駅」にある大人気の漁協直営食堂

ぐるなび / 2014年8月4日 13時10分

7月31日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後4時53分)で、「獲れたて海の幸&絶景温泉も 激トク!夏行きたい超穴場『海の駅』」と題して、リポーターの宮脇理恵子さんが「ばんや」(千葉県安房郡鋸南町)を訪れた。

同店は保田(ほた)漁港「きょなん・ほた海の駅」にあり、漁協が直営する大人気の食堂だ。地元の女性たちが同店を切り盛りし、漁師がとったばかりの新鮮な魚介類を食材として使う。来店客は「なかなかこれだけの鮮度は無い」「地でとれた魚がおいしいのが魅力的」と絶賛。中には「息子が、普段(魚を)あまり食べないんですけど、ペロッとお刺身を平らげて、子供にも(違いが)分かるのかな」と語る家族連れの女性もいた。

同店の看板メニューは、近海でとれた5種類の地魚がのった「天然地魚海鮮丼」(1180円 税込み)。そのマグロを口にした宮脇さんは「甘い! 鼻を通る香りがいいですね」と評した。「天然地魚海鮮丼」は当日の水揚げによってネタが変わるため、何度も足を運ぶ人が多いという。ほかにも超デカ盛りの「イカのかき揚げ天丼」(810円 税込み)など新鮮で手頃な価格のメニューが豊富にそろっている。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング