熱々の石焼き鍋で食す、新感覚の海鮮丼が味わえる「松栄シャリーズ」

ぐるなび / 2014年8月5日 21時10分

8月2日放送の「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系、毎週土曜午前9時25分)で、「ぶ・ら・り 朝5時集合! 湘南で青い鳥と出会う!! 東海道線の旅」と題し、タレントの宮本和知さんが「松栄シャリーズ」(神奈川県茅ヶ崎市)を訪れた。

 店主は、20代の人にもっと回転寿司ではないお寿司を食べてほしいという気持ちから、お寿司をカジュアルに楽しめるお店をオープンしたのだという。宮本さんは、メニューの中から「海鮮 石焼き丼」(1620円 税込み)を注文。茅ヶ崎で獲れた海の幸を取り入れたこだわりの一品だ。

熱々の鍋が運ばれ、醤油を一回しかけるとジュージューと音をたてた。宮本さんは海鮮などの具材とご飯をかき混ぜると、「うわ~! すごい香りが香ばしくなって、ちゃんとおこげもできてる」とテンションも急上昇。一口食すと、何度もうなずきながら「これはおいしい! (魚の身は)焼き魚まではいってないんですね、ちょっと表面を焼いたくらい。香ばしさもでてる。初めての味だ!」とコメント。最後にカツオのだし汁をかけ、お茶漬けのようにして味わうと「マスター、これすごいですよ。すごい発想ですよ。幸せです。」と絶賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング