ヘルシーなのに食べ応え抜群! 話題を集めるベジタブル餃子のお店

ぐるなび / 2014年8月7日 18時10分

写真

トマト餃子房

8月2日放送の「王様のブランチ」(TBS系、毎週土曜午前9時30分)で、リポーターの福井仁美さん、青木英李さんが水道橋の「トマト餃子房」(東京都千代田区)を訪れた。

 ヘルシーでおいしく、目でも楽しめるベジタブル餃子が話題の同店は、水道橋駅西口から徒歩3分。イチオシは「トマト餃子」(300円 税抜き)。甘みを出すため生のトマトを包丁で細かく刻み、生トマトから出たトマト汁を豚肉の中に入れることで、旨みを浸透。そこに卵焼き、干しエビ、タマネギを入れてかき混ぜ、トマトの身とともに、皮で包みこみ、フライパンで蒸し焼きにするように焼き上げると完成する。早速味わった二人からは「これ、さっぱりでおいしい! もっとトマト、トマトしているのかと思ったら、意外とトマトは香りと味がさっぱり香ってくるくらいです」と、食べやすさを讃える声があがった。

 続いて登場したのは「緑の餃子」(300円 税抜き)。毎朝新鮮なホウレンソウをミキサーにかけ、濾して抽出した旨みを生地に練り込んで1時間寝かせた皮に、豚の粗挽き肉とセロリを合わせた餡を包む。そして皮のモチモチとした食感を出すため、大量の水で焼き上げてできあがる一品だ。一口食した青木さんは、「セロリと豚肉だけをシンプルに使っている理由が食べればわかりますね。セロリの香りが口いっぱいに広がって、物足りなさは一切ないです。セロリにニンニクばりの勢いがある。おいしい、これセロリ好きにはたまらないね」とその食べ応えを語った。 

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング