約500年の歴史を誇る金剛院内のカフェでいただく、ヘルシーな日替りランチ

ぐるなび / 2014年8月18日 21時10分

8月14日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後4時53分)、「ナビSP」のコーナーでは、「食べて“御利益”ゲット!?~静かで快適…境内の食堂~」と題し、リポーターの藤田りえさんが「赤門テラス なゆた」(東京都豊島区)を訪れた。

 約500年の歴史を誇る金剛院。豊島区の有形文化財に指定されている同寺の朱塗りの山門の隣に同店はある。オープンさせたのは金剛院の33代目である現在の住職だ。同店の人気メニューは「本日のお寺ごはん」と呼ばれる日替わりランチ。この日は、カボチャやパプリカなど旬の野菜に、サーモンのフライ、ミョウガの味噌汁にご飯というメニューとなっていた。日によっては、食後に住職が淹れてくれたコーヒーをいただくこともできるという。

 「本日のお寺ごはん」の中から、サーモンのフライを食べた藤田さんは「衣がサクサクで中はふわふわのお魚。とてもやわらかくておいしいです」とコメント。また、同店を訪れた女性のお客さんは「おいしいものをいただくだけで力になると思うので、御利益はいっぱいあると思う」と語っていた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング