東京軍鶏を使った、創業250年「玉ひで」の絶品すき焼き

ぐるなび / 2014年8月19日 16時10分

写真

玉ひで

8月15日放送の「ぴったんこカン・カン」(TBS系、毎週金曜午後7時56分)では、アナウンサーの安住紳一郎さん、歌手の五月みどりさんらが「玉ひで」(東京都中央区)を訪れた。

 「玉ひで」は1760年に創業し、人形町で250年以上続く軍鶏料理専門店。そんな同店で一行が、まず食したのは、コース料理のひとつである「元祖すき焼き」。さっぱりとした味わいの東京軍鶏のもも肉やむね肉、手羽先を玉ひで秘伝のたれで煮た一品。口にした出演者らは「軟らかい!」と、その食感に驚いた様子だった。

 最後に出されたのは、秘伝のたれで煮た軍鶏のもも肉とむね肉を卵でとじた同店名物の「元祖 親子丼」(1500円 税込み)。親子丼が大好きだという五月さんは、とじた卵のとろとろとした仕上がり具合に「こういうのは、なかなか(できない)」と老舗店の熟練の技に感嘆した様子だった。食した安住さんは「しょうゆでも塩でもない。何か独特な味がありますね」と評した。

※ 当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング