温泉街の路地裏で、88歳のおばあちゃんらが作る名物「とうふラーメン」

ぐるなび / 2014年8月19日 19時10分

8月16日放送の「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日系、毎週土曜午前8時)で、「全国女子アナウンサー 夏のイチオシ!~長野~」というコーナーで、アナウンサーの松尾まどかさんが「とうふらーめん 米龍」(長野県山ノ内町)を訪れた。

 同店は温泉街の路地裏に佇む、地元の人々に愛され続けているラーメン店。お店を切り盛りするのは88歳の浦野米子さんと、82歳の友恵さん。名物メニューは、にんにくの効いた麻婆豆腐を醤油ベースのラーメンにたっぷりかけた「とうふラーメン」。ほとんどの来店客は、このメニューを目当てにやってくるという。

 スタジオでは「食べた~い」といった言葉が飛び交う中、松尾さんはできたてを一口すすると「(麻婆豆腐が)熱々! 意外とあっさりしていますね。おいしい!」と微笑んだ。スタジオでは番組MCの神田正輝さんも同店を訪れたことがあると言い、「冬に雪が降っているときに行くと最高なんだよ」としみじみ語った。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング