「マーボー豆腐」と一緒に食べる!? 中華料理店の人気裏メニュー「びっくりカツカレー」

ぐるなび / 2014年8月21日 14時10分

写真

鳳林

8月19日放送の「スーパーニュース」(フジテレビ系、毎週月~金曜午後4時50分)、「スーパー特報」のコーナーでは、「この夏!ホットな中華街」と題して、リポーターの榊菜美さんが「鳳林」(神奈川県横浜市)を訪れた。

同店のメニューにカレーの文字は見当たらない。若女将に尋ねると人気の「びっくりカツカレー」(950円 税抜き)は裏メニューとのこと。皿は直径31センチ、カツは榊さんの手のひらほどもある大きさだ。「びっくりカツカレー」は8年前、まかないのカレーを見た男性客の要望から生まれたという。今では裏メニューにもかかわらず、1日分約30杯が売り切れることもあるほどの人気だ。来店客からは「ルーが濃厚で中華屋さんでは意外」「(サイズを)大と間違えたのかと思った」といった声が聞かれた。

「びっくりカツカレー」を食した榊さんは「おいしい。普段のカレーと比べてもスパイスの香りが立っていて、後を引く辛さ」とコメント。また、別売りの「マーボー豆腐」と組み合わせて食べる来店客が多いと聞き、榊さんもそのコラボを試してみると「合う! 唐辛子の辛さとカレーのスパイシーな辛さが合わさってコクの深いカレーになる感じ」と、その味を評した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング