B級グルメ大会で優勝! 船橋自慢の食材でつくる「すずきめし」

ぐるなび / 2014年8月26日 16時10分

8月23日放送の「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系、毎週土曜午前9時25分)で、バイオリニストの川井郁子さんが「ゴールデンバーガー」(千葉県船橋市)を訪れた。

 船橋はスズキの漁獲量日本一。同店が提供する「すずきめし」(734円 税込み)は、町おこしの一環として地元の飲食店が力を合わせて開発し、千葉のB級グルメ大会である2013年の「ちばC-1グルメ選手権!」で優勝した逸品だ。

 「すずきめし」は、東京湾で捕れたホンビノス貝とスズキの出汁を合わせて炊いたご飯に、ほぐしたスズキの身を加えたものを丸めて平らにし、船橋産の海苔とともに衣で包み、ライスコロッケのように油で揚げた一品。鯛めしのようなものを想像していたという川井さんは、運ばれてきた料理を見て「意外な姿ですね」とコメント。一口食して「香ばしい! ほんのり醤油味で海苔の風味がして、おやつにしてもいい感じですね。おいしい!」と満足気に語った。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング