埼玉県鴻巣市民自慢の郷土飯 モチモチ感が口いっぱいに広がる幅8cmの「川幅うどん」

ぐるなび / 2014年9月10日 17時10分

写真

めん工房 久良一

9月9日放送の「バイキング」(フジテレビ系、毎週月~金曜午前11時55分)では、「埼玉県の絶品オジさま飯」と題して、俳優の小松拓也さんと、お笑い芸人の河口こうへいさんが「めん工房 久良一」(埼玉県鴻巣市)を訪れた。

同店が“オジさま”たちに喜ばれているポイントは、コーン茶が飲み放題なことや、店内にある58インチの大画面テレビで迫力の映像が見られることだという。そんな同店自慢の郷土料理がうどんの幅が約8 cmもある「川幅うどん」だ。「川幅うどん」が誕生したのは、2008年に鴻巣市を流れる荒川の川幅が日本一に認定されたことがきっかけだという。

「川幅味みそ込みうどん」を豪快に食べた河口さんは「おいしいこれ! (食感が)口の中に広がる。いやこれ、本当おいしいなぁ」と絶賛。一方、「冷製川幅うどん」を食べた小松さんは「うまい! 歯ごたえがモチモチしていて最高ですよこれ」と目を輝かせた。さらに同店に通うツウなオジさまたちは、温かいうどんにも冷たいうどんにもたっぷりのごま油をかけて食べるという。こうすることで味に深みが生まれるそうだ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング