ピリっとした辛さが病みつきに!?  タイ直輸入のスパイスを使用した「ガパオライス」

ぐるなび / 2014年9月24日 19時10分

9月20日放送の「王様のブランチ」(TBS系、毎週土曜午前9時30分)で、「アジア大会2014応援グルメ! その国に行った気になれる本格アジアグルメ特集」と題し、リポー ターの寺田ちひろさん、早川真理恵さんが「タイ料理店 KAO TIP」(東京都渋谷区)を訪れた。

 代々木駅から徒歩3分、同店のランチ一番人気は「ガパオセット」(960円 税抜き※スープ・サラダ・デザート付き)。タイから直輸入するピッチーファーと呼ばれる唐辛子や、料理の名前の由来にもなっているハーブのバイガパオに、ナンプラーやブラックソイソースなどタイの食材を多く使用している。鶏肉はひき肉を使用するのではなく、ムネ肉を包丁でミンチにすることでジューシーかつ食感豊かに仕上げる。香りが飛ばないよう手早く調理し、最後に目玉焼きをのせれば完成だ。

 料理を口にした早川さんは「ガツンとくる辛さが本場を感じる」「鶏肉がしっとりとしていてジューシーでおいしい」と語った。トロトロの卵の黄身をからめて食した寺田さんは「黄身がお肉にコーティングされてすごくマイルドになる」と満足げな様子で何度もうなずいた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は 変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング