石ちゃんも恋しちゃう、地元香取産「恋する豚」で作った絶品丼

ぐるなび / 2014年9月24日 19時10分

写真

板前割烹 真亜房

9月20日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、毎週土曜午後0時)の「石塚英彦の通りの達人」のコーナーで、タレントの石塚英彦さんが「板前割烹 真亜房」(千葉県香取市)を訪れた。

 同店は、「北総の小江戸」といわれる佐原の街並に佇む古民家を改造した落ち着いた雰囲気の割烹料理店。石塚さんは、表の看板に書かれた「恋する豚の塩他人丼御膳」(1620円 税込み)が気になり、注文することに。
 
 石塚さんは丼を傾け、「ほら、ちょっとツユダクな感じですよ」と嬉しそう。「豚の感じもいいですねえ」と言いながらスプーンで口に運ぶと、目を閉じてゆっくり味わったあと小声で「まいう~」とささやいた。「いいお塩の味付けですねえ。これはいけますよ」と満足げ。「お米も地元の多古米を使用して、全部地元のものにこだわっています。豚肉は香取産の『恋する豚』という、食べたら豚に恋しちゃうという豚肉を使っています」と語る店長に、石塚さんは「確かに私初対面なんですが、もう恋しちゃいました」と言って笑わせた。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング