創業明治2年! 文豪ゆかりの老舗うなぎ店が1世紀以上守り続けた味

ぐるなび / 2014年9月26日 13時10分

写真

志満金

9月22日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系、毎週月~木曜午前9時28分)で「神楽坂を7716歩 横丁なないろ散歩」と題して、落語家の林家彦いちさんとフリーライターの増田剛己さんが「志満金(しまきん)」(東京都新宿区)を訪れた。

 同店は、明治2年創業、145年の歴史を持つ老舗うなぎ店。 一度蒸して軟らかくしたうなぎを1世紀以上つぎ足されてきた秘伝のたれにくぐらせ、こだわりの備長炭でじっくり焼き上げる。店構えに歴史を感じながら店に入った2人は「うな重 寿」(3456円 税込み)を食することに。

 彦いちさんは、うなぎとご飯を口に運ぶと「口の中でジワッと溶けてとってもおいしいです。フワーッとして」と至福の表情を浮かべた。増田さんは「江戸前っていうか、タレがキリッとした感じだ。あんまり甘くない」と食通らしくコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング