季節の食材を活かした懐石料理が評判 松江で人気の料亭「いと賀」

ぐるなび / 2014年10月7日 16時10分

10月4日放送の「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日系、毎週土曜午前8時)、「秋の島根~憧れの出雲大社~」と題したコーナーで、女優の床嶋佳子さんが「いと賀」(島根県松江市)を訪れた。

 同店は松江で評判の料亭。床嶋さんはコース料理の「季節のおまかせ会席」を注文した。はじめに「すっぽん新丈」が登場し、床嶋さんはお椀の蓋を開けて「うわぁ~! きれいですね。いい香りがしていますよ」と胸を躍らせ、一口味わうと「品のいいお味ですね。やさしいおだしの取り方なんですよね」と満足げに微笑んだ。料理と一緒に「月下独酌(生酒)」も味わい、「キリッとしているんだけどまろやか」とコメントした。

 次に運ばれてきたのは、「のどぐろ帆立松茸包み焼」で、旬ののどぐろが松茸などと共に盛られた秋らしい一品。ほかにも、地の食材を使った「旬の魚の吹寄せ盛り」や「しまね和牛ヒレ肉ステーキ」などの料理が続き、最後に「瓜釜盛り」が登場。「瓜釜盛り」は、鮑やフカヒレなどをカツオ昆布のだしで煮込み、くず餡がかけられている炊き合わせ料理だ。床嶋さんはフカヒレを食し、「おいしいですね。いい素材に寄り添うようにいいおだしが包み込んでくれて。幸せな時間です」と締めくくった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング