厚さ5cmの大ボリューム! 文士たちにも愛された昔懐かしい「ホットケーキ」

ぐるなび / 2014年10月7日 19時10分

写真

イワタコーヒー店

10月5日放送の「遠くへ行きたい」(日本テレビ系、毎週日曜午前6時30分)で、「わが青春にズームイン!神奈川県 鎌倉~三浦半島」と題して、フリーアナウンサーの徳光和夫さんが「イワタコーヒー店」(神奈川県鎌倉市)を訪れた。

鎌倉駅前の小町通りを歩いていた徳光さんは、同店の表に並ぶ食品ディスプレイの分厚いホットケーキに興味を持ち店内へ。昭和23年創業の同店のホットケーキは、戦後モノがなかった時代にとても流行ったのだという。かつての有名文士や大物アーティストなどが、ホットケーキを目当てに来店したという。

ホットケーキは、生地の厚さが5cmもあり、さらに2段重ねの大ボリューム。戦後、海水浴に来たお客さんに喜んでもらうために考えだされた。生地に甘みがあるので、徳光さんはバターのみを塗って食し、「全然気取りのないホットケーキですね」と評した。オーナーによると、昭和の味を今も守り続けているのだという。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング