600円で食べ放題の中華ランチバイキング 安さの理由は立地にあり

ぐるなび / 2014年10月22日 17時10分

写真

小尾羊 巣鴨店

10月13日放送の「L4YOU!」(テレビ東京系、毎週月~金曜午後4時)では「お得で大満足!食べ放題めぐり」と題し、お笑いコンビ「ガレッジセール」の川田広樹さん、お笑いコンビ「スリムクラブ」の真栄田賢さん、内間政成さんが「小尾羊 巣鴨店(シャオウェイヤンすがもてん)」(東京都豊島区)を訪れた。

 同店では、中国で修業を積んだシェフが腕を振るう「ランチバイキング食べ放題」が600円(税込み※1人での入店、混雑時は1時間制限)で楽しめる。シェフは旬の食材を使う10種類の料理を常時1人で作るすご腕だ。バイキングには、ダックのガラを使いさっぱり仕上げた「北京ダックスープ」や甘い「棗(なつめ)の中華粥(がゆ)」などが並ぶ。中でもトウバンジャンやテンメンジャンの辛さ甘みと四川さんしょうの独特の辛さが絡み合う「四川麻婆豆腐」が人気だ。価格に対して料理の質が高いと連日にぎわう。

 バイキングの料理を食べた一同は「うまい! 本格中華」と思う存分堪能した。安さの理由を店長の内藤さんに聞くと、巣鴨のメインストリートから外れた場所にあり、通りすがりの来店客が少ないため、思い切ってインパクトのある価格にしたという。

■話題のお店に追加取材■
昼は番組で紹介されていたランチバイキング、夜は60種類以上の薬膳食材、野草、調味料などを調合した薬膳火鍋が楽しめる「小尾羊 巣鴨店」。薬膳といっても苦さはなく、カレーに使われるスパイスの香りに近いので、子供からお年寄りまで幅広い層が楽しめる。

「白湯(パイタン)」という白いコラーゲンスープと、唐辛子やさんしょうなどが入った辛い油を白湯と合わせた「麻辣紅湯(マーラーホンタン)」、そして何十種類もの乾燥きのこでだしを取った「山珍湯(サンチンタン)」。この3種類のスープを、3つに区切られた専用の鍋でいただく。「白湯」と「麻辣紅湯」は中国でも食べられている伝統的なスープで、「山珍湯」は、日本人の好みにあわせて作られたさっぱりとした味わいだ。そのスープにラム肉を中心とした肉類、新鮮な野菜などの具材をさっとゆでて食べる。肉類はもちろん、サラダバーで好きなだけ食べられる野菜の数々も、3色スープと相性バッチリ。特に「山珍湯」と野菜の調和は、どこかほっとする味で年配の方に評判が高い。

体調を崩しがちな季節の変わり目には、あつあつの火鍋がピッタリだ。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング