旬のカキを5つも使用! うまみにこだわった「カキとクレソンのカレー」

ぐるなび / 2014年10月22日 19時10分

10月18日放送の「王様のブランチ」(TBS系、毎週土曜午前9時30分)で、リポーターの竹内佳菜子さん、太田希望さんが「sync(シンク)恵比寿店」(東京都渋谷区)を訪れた。

 今年2月にオープンした同店は、学芸大学から移転をしてきた知る人ぞ知る人気カレー専門店。おすすめは、オーナーが長年かけて作ったオリジナルメニュー「カキとクレソンのカレー」(1500円 税込み※ライス、サラダ付き)だ。旬を迎えた広島県産のカキ5つを、白ワイン、オイスターソースでソテーし、そこに自家製チキンブイヨンとカレールーを合わせて煮込む。仕上げにあふれんばかりのクレソンを豪快に盛りつけて完成だ。

 「一口で食べられないくらい大きい」とカキを味わった太田さんは、「辛めのカレーなので、カキの味が感じられないかなと思いましたが、カキがしっかりここにいますね」とコメント。続けてカレーを口にした竹内さんは、「ルーにもしっかりカキのエキスが溶け込んでますね。これからの季節にぴったりです」と語った。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング