南野陽子と森尾由美が感激! 老舗で味わうふっくら食感でうまみしっかりのうなぎ

ぐるなび / 2014年11月6日 18時10分

写真

うなぎ いちのや 川越本店

10月26日に放送された「一泊二日で五運成就!? よくばり開運ツアー 川越・秩父編」(テレビ朝日系、日曜午後4時)で、俳優のえなりかずきさん、女優の森尾由美さん、南野陽子さん、予備校講師の金谷俊一郎さんが、うなぎ料理専門店「うなぎ いちのや 川越本店」(埼玉県川越市)を訪れた。

 川越はうなぎの名店が集う街だという。1832年創業の「いちのや」は川越の中でも代表格の老舗うなぎ店だ。この日、一行が注文したのは「特製 うな重(菊)」(3620円 税抜き)。国産の高級うなぎをぜいたくに使った同店自慢の一品だ。一度うなぎを生の状態で蒸し、余分な脂を落としてから白焼きにし、その後、秘伝のたれで焼き上げるという独特の技でふんわりとした食感に仕上げている。

 一口食したえなりさんと森尾さんは、ともに目を丸くして言葉にならない声でうなってから「おいしい!」と一言。えなりさんは「うなぎの味がこんなにしっかりしたうなぎを初めて食べました、僕」とコメントした。森尾さんと南野さんも「おいしい、たまんない!」「ふわふわだね!」と大満足の様子だった。

■話題のお店に追加取材■
 「うなぎ いちのや 川越本店」が店を構える埼玉県の川越は、海が周りにないものの川に囲まれていることから、うなぎがよくとれ、江戸時代から名産品として食されている。川越でうなぎが食べられる店は数多くあるが、中でも同店は観光客や地元の人々からも愛される有名店だ。情緒あふれる広々とした座敷席で、甘過ぎないたれとよく合う肉厚なうなぎがいただける。

イチオシメニューは「特製 白焼」(2300円 税抜き)。白焼きしたふかふかのうなぎに、風味豊かなわさびをつけて食べる一品で、臭みのないうなぎ本来の味が楽しめる。箸を入れるとすぐに割けるほど軟らかく、しつこくないさっぱりとした味わいで、お酒にもご飯にも合う。

名物のうなぎのほかにも、自慢のメニューは多く、今の季節はカニやマツタケなど、旬の食材を使った料理が楽しめる。有名なうなぎだけでなく、豪華な食の数々に舌鼓を打ってみてはいかがだろう。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング