有名ホテル出身のマスターが作る スピードが命の絶品「プレーンオムレツ」

ぐるなび / 2014年10月31日 18時10分

10月30日放送の「いきなり!黄金伝説。」(テレビ朝日系、毎週木曜午後7時)では「激せま三ツ星店ベスト6」と題し、お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅さんと鈴木拓さん、元大関の琴欧洲親方が西洋料理店「ヴァン・ド・リュ」(東京都小金井市)を訪れた。

 有名ホテルのシェフを務めたマスターの料理を求め連日客が殺到し、ランチは即日完売することもある。一行は人気の「ランチ(鶏ムネ肉のソテー)」を食べた。バルサミコ酢を使うオリジナルソースで仕上げた一品を琴欧洲親方は「味は抜群。バルサミコがいい」と評した。塚地さんも「お肉が軟らかい。皮はカリッとして香ばしい」と感想を述べた。

 続いて、マスターが狭い店にしてまで作りたかった「プレーンオムレツ」を食した。「ホテル時代によく作ったが、お客さんの所に持って行くまで5分ほどかかる。うちはできた瞬間に出すので、今まで召し上がったものとは違う味だと思う」とマスターが語る自慢の品だ。塩と焦がしたバターのみで味付けしたシンプルなオムレツに、鈴木さんが「うまっ!」と声を発すると、琴欧洲親方は「絶品。食べたことがない」、塚地さんも「後味がクリーミー」と絶賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング