下町を満喫できる曳舟のもんじゃ店 立ち退き予定も同じ場所、同じ味で再開目指す

ぐるなび / 2014年11月5日 16時10分

11月3日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後4時53分)で「お得きっぷ旅 下町再発見編」と題し、リポーターの堀友理子さんが、「もんじゃかるも」(東京都墨田区)を訪れた。

 堀さんがやって来た曳舟の辺りにはもんじゃの店が何軒もある。その中から同店に入った堀さんは、まず牛肉、生エビ、生イカ、小柱、アサリが入る「五目もんじゃ」を注文した。下町にはもんじゃ作りのルールはないようで、土手を作って食べる人のほか、汁が流れるのをこてで巧みに防ぐつわものもいる。堀さんも、もんじゃを作り始めるのだが作り方が分からず、見かねた隣の家族の父親が手伝ってくれた。

 こてを下に押し付けながら食した堀さんは「香ばしくておいしい!」とコメント。他にはめんたいこが丸ごと1本入っているという「明太もちチーズもんじゃ」が人気だという。道路拡張工事で2015年には立ち退く予定だが、おかみは「また同じ場所であらためて建て直して同じ味を提供できるようにやっていこうと思っている。ここにはなくてはならない食べ物だと思いますし、文化だと思っています」と語った。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング