めったに食べられない希少部位も!? 山下真司おすすめのうなぎ料理専門店

ぐるなび / 2014年11月7日 16時10分

11月4日放送の「バイキング」(フジテレビ系、毎週月~金曜午前11時55分)、「すみれのひとりオジさま飯」のコーナーで、モデルのすみれさんが俳優の山下真司さんおすすめのうなぎ料理専門店「ほさかや」(東京都目黒区)を訪れた。

 同店は自由が丘にあり、居酒屋としても男性客に人気がある。うなぎの卸売も兼業しているため、うなぎをさばく際に新鮮な希少部位も手に入るという。同店のうなぎは低価格ながら、身はふっくらで脂が乗り臭みが少ないと評判を集めている。すみれさんは山下さんから教わった「うなぎ一通り」を注文。うなぎの身の部分「からくり」、内臓を集めた「きも」、うなぎの頭を丸々焼いた「かしら」、背びれから尾びれまでを使用した「ひれ」の串焼き4本が出てきた。さらにすみれさんは希少部位「レバー」を注文した。1串で20匹分のうなぎの肝臓を使用しているため、常連客でもめったに食べられないという逸品だ。

 すみれさんは「かしら」を食べると「食感がコリコリしたりカリカリしたり、おいしい」と、一度焼いた後蒸すことで骨まで食べられる独特の食感を堪能した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング