川越シェフも大満足! ランチ「京風豚しゃぶ」が楽しめる銀座の高級和食店

ぐるなび / 2014年11月20日 15時10分

11月18日放送の「お願い!モーニング」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午前4時)で、「知ると必ず行きたくなる超おトクなランチを探す『ランチ探検!』」と題して、料理人の川越達也さん、お笑いコンビ「ハライチ」の岩井勇気さん、澤部佑さんが「古郁(こいく)」(東京都中央区)を訪れた。

 同店は銀座7丁目のビルにある高級和食店で、一枚板の高級感漂うカウンター席やくつろげる個室を完備している。ディナーでは「九絵鍋」などさまざまな日本料理を提供し平均価格は1万3000円だという。一行はランチメニュー「京風豚しゃぶ」(1500円 税込み)を注文した。昆布とカツオで取ったこだわりのだしで味を付けながら湯引いた国産豚肉に、レタス、豆腐、エリンギ、プチトマトなどを盛り付け、最後にこだわりのだしを注いだ逸品だ。十八穀米とごまぷりんが付いてくるのもうれしい。

澤部さんは「京風豚しゃぶ」を食べて「あぁ~お上品! 脂が乗ってるんですけど、おだしがさっぱりしているので絶妙なバランスです」とコメント。川越さんは十八穀米を土鍋で炊いていることに触れて「おいしい! 香りが違うよ…これが銀座なんだね! すごいね」と満足そうな様子だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング