高橋克実伝授の食べ方ですみれも舌鼓 ネギサラダの黒毛和牛焼きしゃぶ巻き

ぐるなび / 2014年11月19日 18時10分

11月18日放送の「バイキング」(フジテレビ系、毎週月~金曜午前11時55分)、「すみれのひとりオジさま飯」のコーナーで、タレントのすみれさんが、三軒茶屋駅から徒歩約4分の場所にある「かんてき HANARE」(東京都世田谷区)を訪れた。

 同店が扱う肉は、当日朝仕入れた国産黒毛和牛の雌牛のみだ。雌牛は雄牛より希少価値が高くヘルシーだという。今回すみれさんが挑戦したのは、俳優の高橋克実さんおすすめの「焼きしゃぶ(みすじ)」の食べ方。赤身にきれいなサシが入った希少部位の肉をしゃぶしゃぶ風にさっと焼き、別注文の「ネギサラダ(小)」を肉で巻いて、卵黄と紅葉おろしの特製だれをたっぷりつけて食べる。霜降り肉のとろける食感に、シャキシャキ感があるさっぱりとした野菜、コクと辛みのあるたれが絶妙だという。食したすみれさんは目を丸くして「信じられないほどおいしい!」と英語で感嘆した。

 締めは牛すじ、牛骨、鶏がらを5時間以上煮詰めたスープと秘伝の辛みそで、4種類の肉を煮込んだ「かんてきスープ」に冷麺を入れて食べるよう勧められた。すみれさんは「おだしがおいしい!」と締めを楽しんだ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング