九州で大人気の焼きそばチェーン おいしさの秘密はパリパリ麺と秘伝のソース

ぐるなび / 2014年11月20日 17時10分

11月19日放送の「水トク!」(TBS系、毎週水曜午後7時56分)で、「日本全国!あなたの知らない大繁盛チェーン!」と題し、お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の2人が「想夫恋(そうふれん) 新本店」(大分県日田市)を紹介した。

 「日田焼きそば」は昭和30年代から日田市で親しまれている。番組によると九州を中心に41店舗を展開している人気チェーン「想夫恋」がその生みの親だという。ランチ時は満席になることが多く、来店客のほとんどが「焼きそば」(800円 税抜き)を注文するという。具材はモヤシ、ネギ、豚肉のみといたってシンプルだが、「生卵」「目玉焼き」「マヨネーズ」などの追加トッピングで自分好みの味を楽しむことができる。

 人気の秘密は独自の“パリパリ麺”。一般的な蒸し麺ではなく自家製の生麺をゆでて使い、パリパリとしたおいしい焦げを作っている。味の決め手となるソースのレシピは秘伝で、創業者の血縁者にだけ受け継がれるという。スタジオで「焼きそば」を食した女優の吹石一恵さんは「今まで食べてきた焼きそばと違う! 焦げがすごくパンチが効いていて、お酒にも合うと思う」と笑顔で感想を語った。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング