うまさの決め手はこだわりのブレンドだし! 行列のできるおでん専門店

ぐるなび / 2014年11月25日 15時10分

11月20日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系、毎週月~木曜午前9時28分)、「なないろグルメ調査隊」のコーナーで、タレントの見栄晴さん、料理研究家の中山桜甫さんが「おでん 俺のだし」(東京都中央区)を訪れた。

 同店は冬本番前にもかかわらず行列ができるほどの人気店。おいしさの秘密はだしだ。まず丹念にあくと油を取りながら、鶏がらと野菜を6時間煮込む。次に焼きアゴ、トビウオ、さば節、かつお節などから別々に取っただし同士を独自の配合でブレンド、鶏がらスープと合わせ、だしが完成する。

 見栄晴さんは一番人気の「大根」「つみれ」を食し「塩やしょうゆの味じゃなく、だしが染み込んでる」とコメント。料理長が「お味付けは塩のみなんです。あとは具材から出るうまみがおだしを完成させてくれるんです」と説明した。前日からおでんだしに漬けて、黄身にだしの味を浸透させた「玉子」を口にした見栄晴さんは「単純な半熟玉子にだしをかけたようなものじゃない」と驚いた。「はまぐり」を味わった中山さんは「この基本のだしは貝にもすごく合いますね」と評した。見栄晴さんは「このだしはいろんな具材と相性がいい」と讃えた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング