こだわりのラム肉をシンプルに食す 絶品ラムチョップが魅力

ぐるなび / 2014年12月2日 17時10分

写真

WAKANUI

11月29日放送の「王様のブランチ」(TBS系、毎週土曜午前9時30分)で、「いい肉の日企画 お肉三賢人オススメ肉グルメ」と題し、フードライターの小寺慶子さんが「WAKANUI」(東京都港区)を訪れた。

 麻布十番から徒歩約5分に位置し、高級感ただよう同店。お肉本来のおいしさをもっと味わってほしいというコンセプトのもと、ニュージーランドに生産拠点を持つ食肉販売企業がオープンしたレストランだ。「ラムチョップのグリル」がイチオシで、ランチタイムにはパン、ドリンク、サラダもしくはスープが付いたセットも(1680円 税込み)。使用しているラムは、栄養価が高いと言われる春~初夏の牧草で育った「スプリングラム」と呼ばれる仔羊だけ。塩コショウのみで味付けをし、炭火で丁寧に焼かれた一品。

小寺さんは、「しっとりしていて、今までの“ラムは臭いがある”というイメージが覆される。脂身が上品で、全然脂っこくないので胃がもたれない」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング