有吉も満足の定番「ナポリタン」と、銅板で焼いた名物「ホットケーキ」が人気の喫茶店

ぐるなび / 2014年12月2日 17時10分

11月29日放送の「ぶらぶらサタデー」(フジテレビ系、毎週土曜午後0時)で「有吉くんの正直さんぽ森下・清澄白河で下町グルメを満喫!元祖カレーパン」と題し、お笑い芸人の有吉弘行さん、お笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹さんとやすさん、アナウンサーの生野陽子さんが「小野珈琲」(東京都江東区)を訪れた。

 2008年にチェーン店から独立した同店では、原産地にこだわった7種類のコーヒーや、お手頃価格でボリュームのある食事などのメニューが充実している。有吉さんは「ナポリタン」を、ほかの3人は同店の名物「ホットケーキ」を注文した。

 有吉さんは、ナポリタンを一口食べると「あ~、もうほしかった味!」と目を細め「これちょうだい、と思ってたんですもん。最高ですよ、最高」と称賛した。続いてチェーン店時代から34年間使っているという銅板で焼いた「ホットケーキ」が登場すると、生野さんらは「うわ~、すごーい」「すげえ、きれい」と思わず歓声をあげ、飯尾さんは「だしましたねえ、厚みを」と生地に感心した様子。その秘訣は、牛乳を少なめにして生地に粘り気を出すことでふわふわに仕上がるのだという。また銅板は鉄板よりも均等に火が伝わるため焼き上がりがきれいなのだそう。飯尾さんはホットケーキを一切れ口に運ぶと目を見開き、「34年さすが。おいしい!」と讃えた。やすさんは「このホットケーキ、うんまケーキですよ」とコメントし、一同の苦笑を誘った。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング