地元で愛されて50年! 「極上 鶏のかぶと揚げ」に石ちゃん、振分親方が舌鼓

ぐるなび / 2014年12月2日 17時10分

11 月 30日放送の「石ちゃん&振分親方のご当地グルメとりわけ旅3」(テレビ朝日系、日曜午後 1 時 55 分)では「晩秋の日光! 絶景&肉まみれSP」と題し、タレントの石塚英彦さんと大相撲元高見盛の振分親方が「みよしや」(栃木県宇都宮市)を訪れた。

 宇都宮で愛されて50年の大人気店で、のれんには「焼鳥、から揚げ、手打そば」と書かれている。一番人気のメニューは、外はパリっと中はジューシーな「極上 鶏のかぶと揚げ」で、生後50日のヒナ鶏に塩とこしょうで味付けし、秘伝の鶏のオイルを混ぜた高温の油で中まで8分じっくり揚げた一品だ。

 石塚さんと振分親方は揚げたての「極上 鶏のかぶと揚げ」を「いい揚がり具合だ」「これビジュアル的にも満点ですよ」と食い入るように見詰めた。豪快に肉にかぶりついた振分親方は「おいしいです!」と満面の笑みを浮かべ、続けて「皮がサクサクしているのに、身から肉汁がジュワ~っとくる」と評した。石塚さんは「大将まいう~」と声を上げ「この油はしつこさがないですね」と気に入った様子だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング