甘くとろけるサシが生クリームみたいと川越シェフが語る「飛騨牛炙りにぎり」

ぐるなび / 2014年12月9日 16時10分

写真

飛騨牛一頭家 銀座 馬喰一代

12月2日放送の「お願い!モーニング」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午前4時)では「食通軍団が選ぶ!銀座のスゴい焼肉店ベスト10!」と題して、お笑いコンビ「ハライチ」の岩井勇気さんと澤部佑さん、料理人の川越達也さん、女優の内藤理沙さんが「飛騨牛一頭家 銀座 馬喰一代」(東京都中央区)を訪れた。

 同店は飛騨牛を一頭買いしていることが特徴で、名物メニューは飛騨牛のさまざまな部位の肉を楽しめる「最飛びスペシャル盛り」(9800円 税抜き)。今回、一行が注文したのは「飛騨牛炙りにぎり」(1貫390円 税抜き)。酢飯に合い、とろけやすく甘みが強い三角バラを使用した一品だ。

 「飛騨牛炙りにぎり」を食した岩井さんは「うめえ! 肉の嫌な感じが一個もないですね!」と評した。内藤さんは目を丸くして「おいしい! お肉なだけあって、食べ応えがあるんですけど、ぺろりといけちゃいます!」と満足した様子。川越さんも食すると、親指を立てて大きくうなずき「サシ自体がほぼ生クリームみたいな感じ、優しいとろんとした感じで癖もないですし、お肉自体も赤身の部分とサシの部分がよく調和のとれた甘いお肉でした」と絶賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング