ソースの香ばしさと麺の食感で勝負! 絶品焼きそばに宮本和知が「これはハマる味」

ぐるなび / 2014年12月9日 16時10分

12月6日放送の「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系、毎週土曜午前9時25分)で「ぶ・ら・り スゴ技! 絶品! 専門店がいっぱい!! 南北線の旅」と題し、タレントの宮本和知さんが「みかさ」(東京都千代田区)を訪れた。

 同店は、店主の母が熊本で始めた店を引き継いで、神保町に出店した焼きそばの専門店。宮本さんは「イカエビ入りソース」(850円 税込み)を注文した。自家製の麺には北海道産の小麦を使用。製麺時に手でグイグイと揉み込むことで、油を引かなくても鉄板に貼り付かないコシの強い麺に仕上げるのだという。この麺に特別に調合したソースを加えながら焼き、敢えてソースを焦がして香りを出すのが同店のこだわり。

 できたての料理を目にした宮本さんは、「今まで食べたソースやきそばとは全く違う。本当に香ばしいです」と興奮気味に語り、口に運ぶと「ソースの酸味がいいですね。焦げとソースがマッチしてます。麺のコシが強いですね」とコメント。それを受けて「噛もうとすると逃げるような、麺が踊るような食感を売りにしている」と店主が力強く応えた。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング