すっきりしてコクがある この味で観光客もとりこに!? 「鳥取牛骨ラーメン」

ぐるなび / 2014年12月9日 17時10分

写真

お食事処 香味徳

12月7日放送の「日本!食紀行」(テレビ朝日系、毎週日曜午前6時)で、「60年ねかせたご当地ラーメン ~鳥取牛骨ラーメン~」と題して、ラーメン店「お食事処 香味徳(かみとく)」(鳥取県琴浦町)が紹介された。

 同店は、休日やお盆、年末年始などに観光客や帰省客で大変にぎわうという。来店客の目当ては鳥取のご当地グルメ「鳥取牛骨ラーメン」。牛の骨でだしを取ったスープは、きれいに澄んだ黄金色、牛ならではの香ばしさと甘さがほんのり広がり、あっさりとした味わいだ。使用する牛骨は、スープが出やすいように、店主が毎朝なたでたたいてから調理に使う。実際のラーメンには、牛骨を煮込んで1日目と2日目の煮込み具合が異なるだしをかけ合わせ、すっきりしていてかつコクのあるバランスよく仕上げたスープを使用している。

 「鳥取牛骨ラーメン」の味について、観光客からは「とんこつのイメージで濃いかと思ったら、思った以上にあっさりでびっくりしました」「テールスープっぽいだしが効いてる」などの声が上がっており、帰省客からも「昨日も来ました。帰ったら必ず来ます」と高い支持を得ている。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング