冬の味覚! アンコウのすみずみまで味わい尽くせる絶品「あんこう鍋」

ぐるなび / 2014年12月17日 17時10分

写真

鮎正

12月13日に放送された「食彩の王国」(テレビ朝日系、毎週土曜午前9時30分)で、「下関発! フグにも負けない旨さ 鍋の人気者 あんこう物語」と題し、「鮎正」(東京都港区)が紹介された。

 夏はアユが有名な同店。冬のおすすめはあんこうだ。あんこうは“吊りし切り”という技法で、大きな肝、淡白な身、ゼラチン質の皮など7つの部位に切り分ける。それぞれに独特の味わいがあるので“あんこうの七つ道具”と呼ばれている。

あんこうを味わい尽くしてほしいと、こちらの店では骨も軟かく炊き、鍋の具にしている。酒蒸した肝はミキサーにかけてあん肝ペーストに。赤と白の合わせみそを昆布とマグロ節のだしに溶き、そこへあん肝ペーストをおしげもなく入れて鍋の汁が完成。その汁にあんこうの七つ道具を入れたら、身はプリプリ、骨も味がしみてコリコリの絶品「あんこう鍋」の出来上がりだ。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング