日本初上陸 メキシコ料理など中南米料理の技法を使うラテンのレストラン

ぐるなび / 2015年1月8日 15時10分

写真

TORO TOKYO 【トロ トーキョー】~銀座コリドー街~

12月18日放送の「グッド!モーニング」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午前4時55分)では「超速View!~日本初上陸!アメリカ発の大人気レストラン」と題し、「TORO TOKYO 【トロ トーキョー】~銀座コリドー街~」(東京都中央区)が紹介された。

 同店はメキシコ、ブラジル、ペルーといった中南米料理の技法を使ったラテンのレストランで、2014年12月にオープンした。プロデュースしたリチャード・サンドバルさんは、アメリカではファストフードのイメージが強かったメキシコ料理をレストランで味わう料理として広めた。

 イチオシのメニューは、チキンなどを鉄串に刺し炭火の上でじっくりと焼いた「チュラスコ(ランチ)」(2500円 税込み※各6品から2品選択可、前菜付き)。脂身が少なく肉の味がしっかりしているのが特徴だ。練乳とブラックミントの特製ディップをつけて食すると、歯応え豊かな赤身肉のうまみが口の中に広がる。

■話題のお店に追加取材■
 「TORO TOKYO 【トロ トーキョー】~銀座コリドー街~」は伝統的な中南米の料理を洗練されたスタイルで楽しめるレストラン。スタイリッシュな外観でありながら、家庭的な味を大事にしている店だ。

 番組で取り上げられた「チュラスコ」は、炭火でじっくり低温調理したこだわりのメニュー。時間をかけて作ることによって、肉のうまみを逃がさず、ジューシーさが凝縮されるのだ。

「『セヴィーチェ』や『マリスコス』など、まだ日本ではあまりなじみのないメニューがある中南米料理ですが、日本人の口に合うものがとても多いので、日本の方々に紹介したいと思いました」と話すのは広報の神事(じんじ)さん。「ラテン料理というと、メキシカンのイメージが強いかもしれませんが、『セヴィーチェ』などのペルー料理もおすすめです。召し上がったことがない方はぜひ試していただきたいです」と熱い思いを語ってくれた。

 全体的におしゃれであか抜けた印象の店だが、1階のバーはカジュアルに、2階はシックな雰囲気でおいしい料理が楽しめる。ニーズに応じて使い分けられる便利な同店で、中南米料理の数々に舌鼓を打ってはいかがだろう。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング